活用ガイド

RDP(Remort Desktop Protocol)ファイルとは、サーバーにリモートデスクトップ接続を
するためのアカウント情報などをあらかじめ保存した設定ファイルのことです。

この設定ファイルをお手元のパソコンのデスクトップなどに保存しておくと、
ファイルをダブルクリックするだけでかんたんにサーバーに接続することができます。

コントロールパネルではこのRDPファイルをダウンロードできる機能をご用意しております。

※MacでWindows へのリモートデスクトップ接続を行うためには
 専用ソフトのインストールが必要です。
 弊社ではMicrosoft が提供する「Microsoft Remote Desktop」を推奨しています。

 事前に下記サイトにアクセスし、インストール作業をお願いします。
 Microsoft Remote Desktop 8(Macintosh)

リモートデスクトップ接続方法について、本ガイドの最下部にて動画でもご案内しております。
ぜひあわせてご覧ください。

1初期設定が完了した後、コントロールパネルの左メニューから
「リモートデスクトップ」を選択します。

「RDPファイルのダウンロード」からダウンロードボタンをクリックし任意の場所にRDPファイルを保存します。
※こちらのガイドではWindowsのパソコンのデスクトップに保存した場合を想定してご案内します。

※Macで「RDPファイル」をダウンロードするとテキストファイルとしてダウンロードされるため、

拡張子が「.txt」になります。ダウンロード後は、コチラの「.txt」を削除してからご利用ください。

2保存したRDPファイルをダブルクリックします。

以下のようなリモートデスクトップ接続のウィンドウが表示されますので[接続]をクリックします。

Windowsセキュリティのウィンドウが表示されますのでSTEP2で設定したパスワードを入力し、
[OK]をクリックしてください。

3以下のようなサーバーの画面が表示されましたら接続完了です。
※ご契約のプランによって接続後の画面は異なります。以下をご確認ください。

■デスクトップクラウド for MT4 ライトプランをご利用の場合

■デスクトップクラウド for MT4 1~8GBプランをご利用の場合

■デスクトップクラウド for Biz 1~8GBプランをご利用の場合

 

リモートデスクトップ接続の手順につきましては、動画と音声でよりわかりやすい
ガイドもご用意しております。ぜひご覧ください。

▼「Windows 10」での接続方法のご案内

▼「mac OS」での接続方法のご案内