活用ガイド

Android端末でリモートデスクトップ接続を行う手順をご案内いたします。

※こちらではリモートデスクトップ接続用の無料アプリケーションを使用した
接続方法をご案内いたします。

◆「デスクトップクラウド for FX/スタンダード、Windowsデスクトップ」から移行され
OSの再インストールを実施されていないお客様は こちら より手順をご確認ください。

Microsoft Remote Desktopの接続方法

・RDPファイルを使ってかんたんに接続する方法は こちら をご覧ください。

Microsoft Remote Desktop「Microsoft Remote Desktop」の場合

1「Microsoft Remote Desktop」を入手します

「Playストア」から「リモートデスクトップ」などのキーワードで検索し
「Microsoft Remote Desktop」をインストールします

2ホームからインストールした「RD クライアント」をタップし起動します

以下の画面が表示されましたら、「承諾」をタップします

リモートデスクトップアプリの利用承諾

3新規の接続設定を追加します

以下の画面が表示されましたら、「」をタップし、「PCを追加」をタップします
PCを追加

次に、以下の画面が表示されましたら、「手動で追加」をタップします

手動追加

4接続先コンピューターの設定を行います

「PCを追加」の画面上部、「PC名」に
コントロールパネルにてご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報から
接続先コンピューター名」を入力します

  • PC名:接続先コンピューター名
    (例:SDC*********** ※すべて半角文字でご入力ください)
    ※接続情報の確認手順は こちら

接続先コンピューターの設定

5続いて、ユーザーアカウントの追加を行います

「ユーザーアカウント」欄の右横「▼」をタップし
表示された選択肢の中から、「ユーザーアカウントの追加」をタップします

※リモートデスクトップ接続設定を複数追加される場合は、
選択肢に以前設定されたユーザー名が表示されますが、
必ず「ユーザーアカウントの追加」より、設定対象のご契約に付与されているユーザーを追加してください

ユーザーアカウント追加

「ユーザーアカウントの追加」画面が表示されましたら、
コントロールパネルにてご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報を
以下のとおり入力し、「保存」をタップします

  • ユーザー名:ユーザー名
    (例:*******@dc.srv ※すべて半角文字でご入力ください)
    ※接続情報の確認手順は こちら
  • パスワード:初期設定時にお客様にて設定されたパスワード
    (すべて半角文字でご入力ください)
    ※パスワードがご不明な場合は こちら の手順にて再設定を行ってください

ユーザー名・パスワードの入力

6続いて、RDゲートウェイサーバーの設定を行います

「ゲートウェイ」項目欄の右横「」をタップし
表示された選択肢の中から、「ゲートウェイの追加」をタップします

※既にRDゲートウェイサーバーを追加している場合は
ご利用になるサーバー名を選択します
ゲートウェイの追加

「ゲートウェイの追加」画面が表示されましたら、
コントロールパネルにてご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報から
RDゲートウェイ サーバー名」を入力します

  • サーバー名:RD ゲートウェイ サーバー名
    (例:gw*********.jp ※すべて半角文字でご入力ください)
    ※接続情報の確認手順は こちら

続いて、「ユーザーアカウント」欄の右横「」をタップします

ゲートウェイの追加

表示された選択肢の中から、手順5で追加した「ユーザー名」を選択します

ユーザーの選択

右下「保存」をタップします

ゲートウェイの追加

7接続設定を保存します

「PCを追加」画面に戻りましたら、右上「保存」をタップします

設定の保存

8サーバーに接続します

情報を設定した接続先のアイコンが表示されますので、接続先のアイコンをタップします
※設定を編集する場合は、右下「...」をタップし「編集」を選択します

サーバーへの接続

「証明書を検証できません。接続しますか?」と表示されましたら
「このPCへの接続を再度要求することはありません」にチェックを入れ
「接続」をタップします

証明書の警告

リモートデスクトップ先の画面が表示されましたら接続完了です

 

◆リモートデスクトップ接続の切断方法

1画面上部中央のアプリマークをタップします

アプリマーク

2」をタップし接続を切断します

✕をタップ

 

Microsoft Remote Desktop 8「Microsoft Remote Desktop 8」の場合

1「Microsoft Remote Desktop 8」を入手します

「Playストア」から「リモートデスクトップ」などのキーワードで検索し
「Microsoft Remote Desktop 8」をインストールします

2ホームからインストールした「RD Client」をタップし起動します

以下の画面が表示されましたら、「Accept」をタップします

Acceptをタップ

次に以下の画面が表示されましたら、右上「+」をタップし「Desktop」を選択します

+をタップ   Desktopを選択

以下の画面が表示されましたら、「ADD MANUALLY」をタップします

ADD MANUALLYをタップ

3「RDゲートウェイサーバー」の設定をします

Show additional options」をタップし、表示された項目の中から
「Gateway」の項目を確認します

Show additional optionsをタップ

標準は「No Gateway」となっているので、タップし「Add Gateway」を選択します
※既にRDゲートウェイサーバーを追加している場合は、ご利用になるサーバー名を選択します

No Gatewayをタップ  Add Gatewayを選択

サーバー名とアカウント名を入力する画面が開きましたら、「Server name」には
コントロールパネルよりご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報から
RDゲートウェイ サーバー名」を入力します

・Server name:RD ゲートウェイ サーバー名
(例:gw*********.jp ※すべて半角文字でご入力ください)
※接続情報の確認手順は こちら

Server Nameの入力

続いて「User Account」の「Use desktop user account」をタップし
表示された選択肢の中から「Add user account」を選択します
※既にユーザーを追加している場合は、ご利用になるユーザー名を選択します

Add user accountを選択

「Add user account」の画面が表示されましたら、コントロールパネルにて
ご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報を、以下のとおり入力し
SAVE」をタップします

・User name:ユーザー名
(例:*******@dc.srv ※すべて半角文字でご入力ください)
※接続情報の確認手順は こちら

・Password:初期設定時にお客様にて設定されたパスワード
(すべて半角文字でご入力ください)
※パスワードがご不明な場合は こちら の手順にて再設定を行ってください

ご入力後、右下「SAVE」をタップし「Add desktop」画面に戻ります

4接続先コンピューターの設定を行います

「Add desktop」の画面上部、「PC name」に
コントロールパネルにてご確認いただけるリモートデスクトップ接続情報から
接続先コンピューター名」を入力します

・PC name:接続先コンピューター名
(例:SDC*********** ※すべて半角文字でご入力ください)
※接続情報の確認手順は こちら

接続先コンピューター名の入力

続いて「User name」の「Enter every time」をタップし
表示された選択肢の中から、手順3で作成したユーザー名
を選択し、右上「SAVE」をタップします

Enter every timeをタップ

5サーバーに接続します

情報を設定した接続先のアイコンが表示されます
接続先のアイコンをタップすることで、リモートデスクトップ接続が開始されます
※設定を編集する場合は、右下「...」をタップし「Edit」を選択します

リモートデスクトップ接続の開始

リモートデスクトップ先の画面が表示されましたら接続完了です

◆リモートデスクトップ接続の切断方法

1画面上部の三本線のマークをタップします

三本線のマークをタップ

2」をタップし接続を切断します

✕をタップ